スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

田中将大は「投球過多」だったのか?
“25歳までに1400回”というデータ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/12 10:30

田中将大は「投球過多」だったのか?“25歳までに1400回”というデータ。<Number Web> photograph by Getty Images

昨年の日本シリーズでも、田中将大の起用法にはアメリカから熱い視線が注がれていた。今回の怪我が長期化するようだと、投球回数についての目線はさらにシビアなものになるかもしれない。

「悲報」としか、呼びようがない。

 ヤンキースの田中将大が「右肘内側側副靭帯」の部分断裂で、少なくとも6週間は戦列を離れることになった(学会で一堂に会していた3球団のドクターが同意見。すぐに手術の必要はなしとの判断も同じ)。

 今季のヤンキースは田中、黒田博樹がいなかったら、どうなっていたか? それを考えるのも恐ろしい……とずっと思ってはいたが、田中の離脱によって、いよいよ苦しい状況に追い込まれた。

 田中の治療方針に関しては、新しい治療法が施される見込みだ。

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMによれば、靭帯の再建手術である「トミー・ジョン手術」を避け、比較的新しい治療法とされる、「PRPインジェクション」(多血小板血漿注射)が施される見込みだという。

 PRPとは、Platelet-Rich Plasmaの略で、血小板が豊富な血液を局所に注入するというものだ。

 治療の流れとしては、田中自身の血液を採取し、血小板を集めて豊富な状態にしてから、局所に注入するというステップを踏む。

 血小板には組織の増殖、再生を促す因子が含まれている。その効果を利用して、傷んだ組織の再生を図るというわけだ。

GMはトミー・ジョン手術の可能性も否定せず。

 ザック・グレインキー(ドジャース)、マット・ケンプ(ドジャース)、ラッセル・マーティン(パイレーツ)、また昨季の本塁打王、クリス・デービス(オリオールズ)も治療を受け、効果があったとされている。

「PRPインジェクション」が功を奏し、うまくリハビリが進めば、田中は8月末に復帰できる可能性がある。

 ただし、キャッシュマンGMは「今季中のトミー・ジョン手術の可能性を否定するものではない」とコメントしているから、状態によっては来季終盤の復帰を目指すことになるかもしれない。

【次ページ】 開幕時の先発5人で無事なのは黒田だけ。

1 2 NEXT
ニューヨーク・ヤンキース
田中将大
黒田博樹
ブライアン・キャッシュマン

MLBの前後の記事

ページトップ