ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

「やっと向上心が英樹に追いついた」
石川遼、2年ぶりの1勝は理想の先に。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/07/09 10:30

「やっと向上心が英樹に追いついた」石川遼、2年ぶりの1勝は理想の先に。<Number Web> photograph by Kyodo News

小田孔明とのプレーオフを制し、優勝した石川は、世界ランキングが76位に浮上し、全英オープン出場権獲得の可能性も出てきた。石川は記者会見で「全英は諦める状態でここに来た。今の段階では決められない」と語った。

実戦至上主義を脱却し、練習場にこもる。

 世界ランク上位者を蹴散らした同学年の栄冠は、悔しさはあれど、素直に納得せざるを得なかった。

「『ああ、そりゃそうだよな』って感じで。驚きも無くて。『そりゃ、あれだけ向上心を持っていれば上手くなる』って」

 屈辱を受け入れて帰国した表情は、どこか清々しい。「いまの自分でやっと、向上心という部分で、英樹に追いついているかなと思える」。実戦至上主義のスタイルから脱却し、黙々と練習場で打ち込む自分に胸を張った。

 迎えたセガサミーカップの3日目を3位で終えた後、石川は翌日のポイントに「両立」を挙げていた。「手先でやると、勝てるスケールのゴルフではなくなってしまう。理想の中で優勝を狙えるマネジメントをしなくてはいけない」

勝負への執着と、理想の追求。

 最終日、小田を1打差で追った最終18番ホール。右サイドへ飛び出した石川のドライバーショットはこの日最悪の一打だった。ただ、ガックリとうなだれた直後に「あまりにあのスイングが悔しくて、プレーオフに行って絶対に良いショットをしようと思った」と、理想を追求することで、不思議とゲームに集中できた。

 プレーオフも含め、4度プレーしたこの18番ホールに漂う最高の緊張感に身を寄せながら、石川は連れ添って歩くキャディに言った。「これも、合宿の一環だ」

 苦しみ抜いた昨シーズンに培った勝負への執着心、そして思い起こした理想の追求。互いが絶妙にマッチすれば、思わぬ相乗効果を呼ぶこともある。

 キャリア通算11勝目の場所が日本であったことは、ある意味で不本意だったかもしれない。だが目先の一打に拘り、足元ばかりを見るうちに、帽子のつばで先々の理想形が見えなくなっていた石川。顔を上げて歩いた先の勝利には、紛れもない成長の跡があった。

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3
石川遼
松山英樹
小田孔明

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ