nakata.net cafe サンパウロ奮戦記BACK NUMBER

中田英寿運営のカフェで働く意義は?
サンパウロの日本人スタッフの大志。 

text by

川上康介

川上康介Kosuke Kawakami

PROFILE

photograph byKosuke Kawakami

posted2014/06/20 11:15

中田英寿運営のカフェで働く意義は?サンパウロの日本人スタッフの大志。<Number Web> photograph by Kosuke Kawakami

「nakata.net Cafe」で日々奮闘する宮野友輝さん(左)と安孫子広さん(右)。

日本人だけでなく、ブラジル人や他の国の人も来店。

 オープン当初は、日本から来たサポーターや日系人、駐在員などがメインだったが、その後は徐々にブラジル人やそれ以外の国のお客さんも増えてきたそう。

「ブラジルに駐在している方もたくさんいらっしゃるんですが、みなさん日本酒のラインナップに感動しています。ブラジルでは絶対に飲めないような酒が、格安で飲めるということで、『常設にしてほしい』という声もいくつか聞きました。料理は、ブラジル人にとってもかなり美味しいみたいです。でも彼らにとっては量が少ないみたいで、あっという間に食べておかわりをしたお客さんもいました」(宮野さん)

「日本人のお客さんは、料理の美味しさに本当に驚いています。ブラジルで本格的な日本食を食べて、改めて日本の魅力を感じている方も多いように思います」(安孫子さん)

 このカフェでの経験は、彼らの将来にも影響を与えそうだ。

「正直、ここに来るまでブラジルに興味がなかったのですが、一気にこの国が好きになりました。気候はいいし、人間がおおらかだし、日本人のコミュニティもある。ブラジルで仕事を見つけるのもいいかなと思っています。できれば、日本に繋がりがある教育や文化に関する仕事をしてみたいです」(安孫子さん)

「立ち上げからかかわれたことで、たくさんの人に会って、さまざまな刺激を受けました。今回は、日本の良さをブラジルに伝えましたが、逆に日本にブラジルの良さを伝えるようなことができないかと考えたりしています。日本とブラジルのブリッジになるような仕事をしてみたいです」(宮野さん)

 W杯期間中のブラジルにいながら、彼らは毎日カフェで働いている。サッカーの試合を見ることもなければ、観光をすることもない。それでも、ここでの経験は、若い彼らにそれ以上の“価値”をもたらしているような気がする。

関連記事

BACK 1 2 3
中田英寿
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ