ブラジルW杯通信BACK NUMBER

セリエA得点王は、伊達じゃない。
インモービレはイタリアを救うか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/19 10:30

セリエA得点王は、伊達じゃない。インモービレはイタリアを救うか。<Number Web> photograph by Getty Images

イングランド戦では後半28分からバロテッリに代わってピッチに立ったインモービレ。ドリブル、ミドル、ワンタッチとあらゆる形でゴールを決める生粋のストライカーだ。

イタリアには“ラッキーボーイ”の系譜がある。

 W杯でのイタリアには、逆境をはね返す“ラッキーボーイ”が度々出現してきた。

 '82年スペイン大会では、八百長疑惑の渦中から招集されたパオロ・ロッシがブラジル戦でハットトリックを達成。名将ベアルゾットの信頼に見事応え、イタリアを3回目の優勝に導くと、ロッシは大会得点王にも輝いた。

 地元開催の'90年イタリア大会で英雄となったFWスキラッチも、本大会前の代表実績はほぼゼロだった。

 ベンチスタートだったオーストリアとの初戦で値千金の決勝ヘディング弾を決めると、イングランドとの3位決定戦を含む6試合で得点を重ね、母国の牽引役に。自身も大会得点王の座に就いた。

セリエA得点王は伊達じゃない。

 今大会も、イタリアに対する下馬評は決して高いとはいえない。

 イングランドとの初戦に快勝したものの、代表監督プランデッリは、故障者続出で戦術プランの大幅変更を強いられている。

 現代表の中心に据えられてきたFWバロテッリは、イングランド戦の決勝点を挙げたが、股関節痛を抱えた状態で完調とは言いがたい。実際、問題児FWの代表での得点は8カ月ぶりだった。

「このチームの全員がスタメンだ。大会では必ず全員の力が必要になるんだ。信じてほしい」

 バロテッリとインモービレの2トップ起用には難色を示すも、プランデッリはチーム総動員体制を強調する。是が非でも勝ち点3を取りたいコスタリカとの2戦目で、背番号17を1トップとして先発させる英断はあるか。

 インモービレは、静かな気迫を漲らせている。

「先発させてもらえたら、とはいつも考えている。大事なのは、いつでも自分の仕事ができる状態でいること。途中出場だったら、尚更そうだ。俺はチームのためにプレーする。どんな形であれ、試合には覚悟を決めて臨もうと思う」

 グループリーグは二巡目に入った。世界各国のトップスコアラーたちが、ブラジルの地でゴールの競演を続けている。

 セリエA得点王は、伊達じゃない。

 インモービレよ、その実力を王国の満天下に示すのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
チロ・インモービレ
マリオ・バロテッリ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ