野球クロスロードBACK NUMBER

“今の西武らしさ”を貫いて復権を。
田辺監督代行と選手の厚い信頼関係。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/06/09 12:15

“今の西武らしさ”を貫いて復権を。田辺監督代行と選手の厚い信頼関係。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

初陣となった巨人戦で、メンバー表確認を行なう田辺徳雄監督代行。自身が選手時代に経験した「黄金時代」は再び西武に訪れるか。

「監督のために早いとこ勝率5割に戻さないといけない」

 中村も想いを馳せながら士気を高める。

「ずっと一緒にやっているんで。でも、監督が代わったからどうこうではなく、僕らはこれからどんどん勝って、早いとこ借金を返していかないとダメなんで」

 田辺が監督代行となってから1勝2敗(6月8日現在)。自身も「これからも厳しい戦いが続くんで」と語っていたように、快進撃がすぐに始まるわけでもないだろう。

 しかし、6日の巨人戦は延長戦まで持ち込み、8日のヤクルト戦でも一時は勝ち越したように、敗れた試合でも接戦を演じた。西武は、明らかに変わろうとしている。

 栗山は言う。

「僕らは負ける度に悔しい思いをしてきたんで。だから、監督のために早いとこ勝率5割に戻さないといけません」

 頑張ります!! 

 主将は最後に力強くそう言った。

 もちろん監督が代わっただけで「いい風」が吹くとは限らない。それでも近年のチームを良く知る田辺が指揮を執るからこそ、選手たちも強い気概を持ってゲームに臨めるというもの。

 獅子は長い眠りから目覚めようとしている。今こそ、研ぎ澄まされたその牙で相手を食い尽くすのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
埼玉西武ライオンズ
伊原春樹
田辺徳雄
中村剛也
栗山巧

プロ野球の前後の記事

ページトップ