Number on NumberBACK NUMBER

ドアマットの逆襲。
~NBA弱小2球団、PO進出の理由~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2014/06/13 10:00

ドアマットの逆襲。~NBA弱小2球団、PO進出の理由~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

長らく「未完の大器」と呼ばれていたが、正念場のプロ4シーズン目でついに開花したウィザーズのジョン・ウォール。

 NBAのプレーオフは、東地区はヒート、西地区はスパーズが優勝、ファイナルは昨年と同じカードになった。

 ここに来るまでは、例年以上の激闘だったと言っていいだろう。

 東西の地区1回戦は、全8カードのうち5カードが、最終第7戦の決着となった。全50試合のうち延長戦が8試合。これは地区1回戦としては最多記録だった。5点差以内の試合が24試合。その中で今季の特色として挙げることができるのは、いわゆる「ドアマットチーム」の躍進だった。踏みつけられる一方だった万年負け越しチームが、前評判を覆す躍進を遂げたのである。具体的にはトロント・ラプターズとワシントン・ウィザーズだ。ともに6シーズンぶりのプレーオフ出場だった。2チームの歴史を振り返りながら、今季の躍進ぶりを見ていきたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2218文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯を獲る9つの方法。

Sports Graphic Number 853

W杯を獲る9つの方法。

 

トロント・ラプターズ
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ