REVERSE ANGLEBACK NUMBER

正攻法の遠藤は、相手役がいてこそ!
九重部屋三人衆の“やんちゃ”な個性。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/05/22 10:50

正攻法の遠藤は、相手役がいてこそ!九重部屋三人衆の“やんちゃ”な個性。<Number Web> photograph by Kyodo News

5月場所7日目には横綱・鶴竜を破る金星を挙げ、破顔一笑の千代鳳。しかし、上位との対戦が続いた場所序盤は黒星が先行。初の三役で破竹の進撃とはならなかった。

日本的志向の対極にある九重部屋の魅力。

 大龍は巨漢のブルガリア人碧山との対戦。体格で圧倒されているようで、仕切りでは気合が感じられない。ところが、これが作戦だったようで、立ち上がるとがぜん突き押しで攻勢に出る。相手の虚を突き一気に攻める考えだったようだが、奇襲を決めきれないうちにはたかれてしまった。

 鳳はともかく落ち着きがない。時間いっぱいになると体のあちこちを叩き、顔を動かす。動くたびにプルプル肉が揺れて、大きな杏仁豆腐みたいだ。これも突きで攻めようとしたがうまく中にはいられ、あっさり寄り切られる。大げさな身振りとあっけなさ。この部屋色は粘り大好きの日本的嗜好の対極にあるといえる。少なくとも遠藤びいきのおばさんにはあまり振り向かれそうにない。そこがいい。鳳の名誉のために付け加えれば、翌7日目には横綱の鶴竜を破る殊勲をあげた。

 千代鳳が時間いっぱいのとき顔を拭くタオルは黒。真っ黒のタオルで顔を拭く力士ははじめて見た。ウチの部屋は白じゃないという意味か。個性を知ってやっているなら見上げたものだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤
千代鳳
千代大龍
碧山

相撲の前後のコラム

ページトップ