沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

芦毛対決か、はたまた兄弟対決か?
混沌とする府中マイルの女王争い。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/05/17 08:00

芦毛対決か、はたまた兄弟対決か?混沌とする府中マイルの女王争い。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

スマートレイアーがヴィクトリアマイルで勝てば、芦毛のディープインパクト産駒では初のGI制覇となる。

 春の古馬女王を決めるヴィクトリアマイル。今年は人気2頭の「芦毛対決」となるのか。それとも、騎手の「兄弟対決」となるのか。いずれにしても、見応えのあるレースになりそうだ。

 最も勢いのある女王候補は、武豊が乗る芦毛のスマートレイアー(4歳、父ディープインパクト、栗東・大久保龍志厩舎)である。

 デビューが昨年の桜花賞当日と奥手だが、1000万円下の夕月特別を勝って臨んだ秋華賞でメイショウマンボの2着と健闘。次走の愛知杯は6着と案外だったが、今年に入ってから牡馬相手の大阪城ステークスを快勝し、つづく阪神牝馬ステークスでは、大きく出遅れながらラスト3ハロン33秒3の末脚を使い、重賞初制覇をやってのけた。

 8戦すべてに騎乗し、初めて乗ったときから惚れ込んでいる武が「東京のマイルはよさそう」と話しているように、長い直線で、武器の切れ味がさらに生きてくるはずだ。

もう一頭いる、芦毛の女王候補。

 もう一頭、芦毛の女王候補がいる。舞台が東京芝1600mとなると、不思議なほどのパフォーマンスを見せるホエールキャプチャ(6歳、父クロフネ、美浦・田中清隆厩舎)である。

 このコースでは4戦3勝2着1回とパーフェクト。3勝のうち1勝は一昨年のこのレースで、2着になったのは昨年のこのレースだ。

 6歳になった今もまったく衰えは感じられず、前走の東京新聞杯では57kgという酷量を背負いながら、コディーノやエキストラエンド、クラレントといった牡の強豪を軽く蹴散らした。鞍上の蛯名正義も、イスラボニータで皐月賞、フェノーメノで天皇賞・春を勝つなど、いい流れに乗っている。

 今回は、この馬とスマートレイアーの差し比べが見どころとなる「芦毛対決」になるのではないか。

【次ページ】 まともなら一番強いメイショウマンボ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

スマートレイアー
ホエールキャプチャ
メイショウマンボ
デニムアンドルビー
ウリウリ
武豊
武幸四郎

競馬の前後のコラム

ページトップ