Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<ボストンで得た自信と信頼> 田澤純一 「パワーピッチで堂々と」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/05/12 11:00

<ボストンで得た自信と信頼> 田澤純一 「パワーピッチで堂々と」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

M・カブレラを抑えた田澤があぶり出す日本球界の問題。

 昨年のア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ。2012年の三冠王で最強打者と言われるデトロイト・タイガースのミゲル・カブレラ内野手封じで、田澤は3度、マウンドに送り込まれた。そうしていずれも初球真っすぐで勝負し、3度とも抑えきった。

「日本のファンにはボクのそういうところを観てもらえればいいのかな、と思います」

 あくまで初球からストレートで勝負を挑む。これが田澤の81年目の約束だった。

 そして最後にもう一つ、田澤を語るときに、どうしても触れざるを得ない日本球界の問題があることも忘れてはならないだろう。

 日本のドラフト指名を拒否してメジャーに挑戦した選手は、大学、社会人が2年、高校生が3年、日本のプロ野球復帰を認めないといういわゆる“田澤ルール”が存在する。閉塞した日本球界の現況を象徴するようなこの不合理なルールに風穴を開けられるとすれば、それもまた、この右腕のメジャーでのさらなる活躍しかないはずである。

<プロ野球80周年記念特集>81年目の「約束」。

関連記事

BACK 1 2 3 4
田澤純一
ボストン・レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ