Number ExBACK NUMBER

<日本人選手“100人に聞きました”> '13-'14欧州サッカー マイベストプレイヤーズ。 ~浦和レッズ編~  

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/17 10:00

<日本人選手“100人に聞きました”> '13-'14欧州サッカー マイベストプレイヤーズ。 ~浦和レッズ編~ <Number Web> photograph by Getty Images
   鈴木啓太   梅崎司   永田充   矢島慎也

浦和レッズ 矢島慎也
       (浦和レッズ・2列目)

マヌエル・ノイアー(バイエルン)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
ダビド・アラバ(バイエルン)
トニ・クロース(バイエルン)
2列目
マリオ・ゲッツェ(バイエルン)
ロベルト・レバンドフスキ(ドルトムント)

選考理由

 ルーズなパスでも懐に収めてタメを作れるのが、レバンドフスキのすごいところ。ゲッツェはバイタル周辺でのアタックが豊富。クロースは技術が高くて強烈なミドルシュートがあり、アラバは攻め上がる間合いが良く、縦に送るパスの質が高い。セルヒオ・ラモスは対人に強くて組み立てもうまい。大柄なノイアーだが、足元の技術に優れている。

ベスト1 マリオ・ゲッツェ(バイエルン)
ベスト2 アンヘル・ディマリア(レアル・マドリー)
ベスト3 チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)

選考理由

 自分はゲッツェを1.5列目の選手と見ているが、ゴール前での多彩な仕掛けには驚かされる。相手の逆を突くのも上手だ。ディマリアは足元が柔軟で、中でも外でもウイングもこなせる。ボランチもできるチアゴはディマリアより技術が高く、局面を変えられる展開力がある。

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)

ブンデスリーガ

バイエルン

 

100人のベストプレイヤーズ
Number851号では、これら全てのアンケートを集計したベスト11を発表し、
彼らのどこが魅力なのかを、現役の選手たちに語っていただきました。
選手が選手の目線で語るマイベストプレイヤーズも、ぜひお楽しみください。
欧州最強の11人。~Best11 of the season~
BACK 1 2 3 4
浦和レッズ
鈴木啓太
梅崎司
永田充
矢島慎也

海外サッカーの前後の記事

ページトップ