NumberEYESBACK NUMBER

ソチ・パラリンピック閉幕。
アルペン選手団躍進の理由。
~森井大輝が残した、銀以上の功績~ 

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

photograph byX-1

posted2014/03/31 16:30

ソチ・パラリンピック閉幕。アルペン選手団躍進の理由。~森井大輝が残した、銀以上の功績~<Number Web> photograph by X-1

スーパー大回転で2個目の金メダルを獲得した狩野(右)と銀の森井。

 3月16日、ソチ・パラリンピックが閉幕した。今大会を通じて日本勢の活躍が際立ったが、中でもアルペン競技の躍進は目覚ましかった。競技初日8日のアルペンスキー滑降で、男子座位の狩野亮が金メダル、鈴木猛史が銅メダルを獲得。9日のスーパー大回転では、狩野が2個目の金メダル、日本選手団主将を務める森井大輝が銀メダル。さらに13日には、回転で鈴木が金メダルを手にした。

 アルペン会場の雪は日本のゴールデンウィークのスキー場を思わせるザラメ雪。各国の選手が苦戦を強いられ、スーパー大回転では、出場した男子座位31人のうち、完走したのはわずか12人だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

狩野亮
鈴木猛史
森井大輝
平昌パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ