ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ペップの改革とバイエルンの“抵抗”。
2トップ、ポゼッション、マンネリ……。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/27 16:30

ペップの改革とバイエルンの“抵抗”。2トップ、ポゼッション、マンネリ……。<Number Web> photograph by AFLO

新天地バイエルンでも、新たな伝説を打ち立てたグアルディオラ。CLでの古巣バルセロナとの対決は実現するのだろうか。

バルサでのイブラ獲得を想起させるレバンドフスキ加入。

 また、来シーズンからはレバンドフスキが加入することがすでに決まっている。バルセロナ時代に、極端に引いてきた相手を強引に崩すための一手としてイビラヒモビッチを獲得したこともある。彼とは1年で袂を分かつことになったが、レバンドフスキを加えた来シーズンからは、あのときに挑戦しようとして出来なかったことにも取り組めるかもしれない。

 これまでバイエルンの選手としては最多となる8度のリーグ優勝を味わった選手が2人いる。カーンとショル。ともに'01年のCL優勝時のメンバーだ。

 今回、シュバインシュタイガーはバイエルンの選手として7回目のリーグ優勝を味わい、クラブ史に残るレジェンドたちにまた一歩近づいた。29歳の彼がバイエルンの歴史上もっとも多く、マイスターシャーレを掲げることは確実だろう。そんな栄誉にあずかるチャンスを得た副キャプテンは、優勝を決めたあと、こう話した。

「新しい監督が来て、ここまで上手くいくとは思っていなかったんだ。信じられないよ!」

 この先のバイエルンはさらなる進化を見せるのか。それとも、“あれほど”強かったのに破滅へと進んでしまったと言われることになるのか。

 どこへ向かったとしても、数年後には「信じられない」ような道を進んだと評価されることになるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
バイエルン
ジョゼップ・グアルディオラ
アリエン・ロッベン
マリオ・ゲッツェ
チアゴ・アルカンタラ
バスティアン・シュバインシュタイガー
ロベルト・レバンドフスキ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ