SCORE CARDBACK NUMBER

ドゥカティが仕掛けた、
起死回生の裏技。
~モトGP「オープン」鞍替え騒動~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2014/03/30 10:00

ドゥカティが仕掛けた、起死回生の裏技。~モトGP「オープン」鞍替え騒動~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

今季、ドゥカティに移籍してきたC・クラッチロー。昨年のランク5位からの躍進なるか。

 モトGPに参戦するドゥカティが、開幕戦カタールGPを目前に、参戦カテゴリーを「ファクトリー」から「オープン」へと変え、これが大きな波紋を呼んでいる。

 ここ数年、モトGPの車両規定はワークス勢に厳しく、プライベートチームを優遇する方向へと変化してきた。これはコスト削減と参加台数の安定確保のためだ。グランプリを運営統括するドルナはその過程でコスト削減の大きな柱として共通ECU(エンジン・コントロール・ユニット)を強く推進してきたが、メーカーは技術開発がなくなるとして強く反対。その妥協案が独自ソフトを使用する「ファクトリー」と共通ソフトを使用する「オープン」の棲み分けであり、二つのグループの格差を縮めるためにホンダは市販レーシングマシンを供給、ヤマハはワークスエンジンのレンタルを決めた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ドゥカティ
ホンダ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ