スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

新監督とサプライズ。
~MLB負け越し球団、逆襲の条件~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/03/01 08:15

新監督とサプライズ。~MLB負け越し球団、逆襲の条件~<Number Web> photograph by Getty Images

今季からマリナーズの指揮官に就任したマクレンドン監督。ヤンキースからカノーも加え、長年の低迷脱出を目指す。

 昨日の勝者は今日の敗者、今日の敗者は明日の勝者。

 こんな標語を書いたカレンダーを壁にかけている人は少なくないかもしれないが、ことはそう簡単には運ばない。大リーグの場合はとくにそうだ。むしろ、昨季の敗者は今季の敗者、今季の敗者は来季も敗者、というべきだろう。負け越しチームの逆襲に眼を見張らされるのはそのためだ。

 最も顕著な例が2013年のレッドソックスだろう。'12年のレッドソックスは、69勝93敗の不振でア・リーグ東地区最下位に沈んだ。が、'13年のレッドソックスは97勝65敗の成績で地区優勝を飾り、余勢を駆ってワールドシリーズまで制してしまった。世界中の野球ファンがどよめいたのも無理からぬことだ。

 '12年に負け越したのは13球団だった。そのうち4チーム(レッドソックス、インディアンス、ロイヤルズ、パイレーツ)が翌年に勝ち越し、ロイヤルズを除く3チームがプレーオフに進んだ。パイレーツなどは1992年以来、21年ぶりの勝ち越しだった。「今季の敗者は来季も敗者」を地で行く低迷がつづいていたのだ。これでは、判官びいきの人がそこいらじゅうに出現しようというものだ。

2013年シーズンの負け越しチームを見ていくと……?

 では2014年シーズンにも、このサプライズは見られるのだろうか。

 結論を急ぐ前に'13年シーズンの負け越しチームを拾い出してみよう。

 ア・リーグから見ていくと、

ブルージェイズ(74勝88敗)
ツインズ(66勝96敗)
ホワイトソックス(63勝99敗)
エンジェルス(78勝84敗)
マリナーズ(71勝91敗)
アストロズ(51勝111敗)

 の6球団だ。

 一方のナ・リーグは、

メッツ(74勝88敗)
フィリーズ(73勝89敗)
マーリンズ(62勝100敗)
ブルワーズ(74勝88敗)
カブス(66勝96敗)
パドレス(76勝86敗)
ジャイアンツ(76勝86敗)
ロッキーズ(74勝88敗)

 の8球団が該当する。

【次ページ】 逆襲は、新監督の手腕が最大の原動力になる。

1 2 NEXT
ロイド・マクレンドン
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ