SCORE CARDBACK NUMBER

田中将大に託された、
盟主ヤンキースの命運。
~ジーターの最終年を飾れるか~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/02/27 06:10

田中将大に託された、盟主ヤンキースの命運。~ジーターの最終年を飾れるか~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2月15日にキャンプインした田中。リベラのロッカーを割り当てられるなど、期待は高い。

 田中将大が新入札制度を利用してヤンキースに移籍したことで、春季キャンプでは、米球界の「盟主」が例年以上に注目を集めることになった。7年総額1億5500万ドル(約161億円)の超大型契約だったこともあり、日本だけでなく、米国の地元メディアも連日、田中の動向を細かく追い続けている。裏を返せば、それだけ田中が覇権奪回を目指すヤンキースの最大のカギを握っているということにほかならない。

 その一方で、ヤンキースが有力視される理由に、田中以外にも主軸選手を補強した事情があることも見逃せない。昨季の弱点だった正捕手として、強打のブライアン・マッキャンを獲得。さらに、俊足巧打のジャコビー・エルズベリー、両打ちのカルロス・ベルトランの外野陣を加え、攻撃力アップにも資金を惜しまなかった。FAのカノの慰留に失敗したとはいえ、球宴2回出場のブライアン・ロバーツを獲得するなど、昨季以上にバランスの取れた布陣を整えた。キャンプインを前に、ジラルディ監督が「これまでで最大の補強になったと思う」と話したほどで、スタメンの陣容もガラリと変わることが確実だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 437文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

田中将大
ニューヨーク・ヤンキース
ブライアン・マッキャン
ジャコビー・エルズベリー
カルロス・ベルトラン
ブライアン・ロバーツ
デレク・ジーター

MLBの前後のコラム

ページトップ