サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

W杯イヤー始動、ザックが選んだ23人。
“機能しない”3-4-3が持つある効果。  

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/02/28 11:40

W杯イヤー始動、ザックが選んだ23人。“機能しない”3-4-3が持つある効果。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ワールドカップ開幕まで残り3カ月。タイミングとしては既に代表候補を探すというよりもメンバーを23人に絞り込んでいく色合いが強い段階に入っている。ザックのお眼鏡にかなうのは果たしてどんな23人だろうか。

改修前の国立に別れを告げるだけでは物足りない。

 昨年10月のベラルーシ戦を最後に、ザックは3-4-3を使っていない。0-2から同点へ持ち込んだオランダ戦も、3-2で勝利したベルギー戦も、4-2-3-1からシステムを変更しなかった。

 ザックが就任当初からこだわりを持ちながら、いまだオプションに成り得ていない3-4-3にこのタイミングでトライしたら──コートジボワールのサブリ・ラムシ監督は、ギリシャのフェルナンド・サントス監督は、コロンビアのホセ・ペケルマン監督は、表情を曇らせるはずである。4-2-3-1だけでなく、3-4-3の対策を迫られるからだ。

 たとえニュージーランド相手に機能しなかったとしても、頭から締め出すことはできない。

 自分たちにとって物足りなくても、相手に警戒心を抱かせればオプションを持つことになる。事前の神経戦で優位に立つためにも、3-4-3を見せておく意義はあると思うのだ。改修前の国立競技場に別れを告げるだけでは、ワールドカップの準備として物足りない。

関連記事

BACK 1 2 3
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
本田圭佑
駒野友一
酒井高徳
酒井宏樹
長友佑都
遠藤保仁
山口蛍
細貝萌
青山敏弘
サブリ・ラムシ
フェルナンド・サントス
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ