NumberEYESBACK NUMBER

海外移籍か、国内残留か。
大迫と齋藤の対照的な決断。
~半年後のW杯本大会を見据えて~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/01/20 06:15

海外移籍か、国内残留か。大迫と齋藤の対照的な決断。~半年後のW杯本大会を見据えて~<Number Web> photograph by AFLO

大迫(左)、齋藤ともに2013年7月の東アジア杯で日本代表デビュー。

 今冬、ザックジャパンのメンバーでもあるJリーガー2人の去就に高い関心が集まっていた。

 1人は鹿島アントラーズの“ハンパないストライカー”大迫勇也で、もう1人は横浜F・マリノスの21年ぶりとなる天皇杯優勝に貢献した“ハマのメッシ”こと齋藤学である。

 いずれもドイツのクラブから移籍のオファーが届いたが、前者は2部1860ミュンヘンへの完全移籍を決め、後者は1部ヴォルフスブルクに断りを入れてマリノスに残った。対照的な決断だった。

 なぜ「国内組」の海外移籍が注目されるのかというと、半年後にブラジルW杯を控えているからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

大迫勇也
齋藤学
鹿島アントラーズ
横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ