プレミアリーグの時間BACK NUMBER

混迷の優勝戦線と6人の監督解任。
波乱のプレミア、前期ベスト11発表! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/09 10:30

混迷の優勝戦線と6人の監督解任。波乱のプレミア、前期ベスト11発表!<Number Web> photograph by Getty Images

20節ハル戦で20得点目を挙げたスアレス。出場15試合で20得点はプレミア史上最速記録。

そんな夢のベスト11を率いる監督候補は2人。

監督 マルティネス

 ベスト11指揮官の地位は、マージーサイド州の両軍監督の一騎打ち。エバートンのマルティネスは、第20節を終えて5位という好成績ばかりか、サッカーのスタイルのみならず、若手起用に関しても前任者を凌ぐ積極性を見せた。19歳で開幕戦からトップ下起用されたロス・バークリーは、前半戦の若手MVPだ。敵地でアーセナルと引き分けた第15節では、相手プレーメイカーのエジルの存在さえ霞む出色の出来を見せた。

 しかし、4位リバプールのブレンダン・ロジャーズも、若返りが進むチーム、トップ3の顔ぶれに勝るとも劣らないパスサッカーとハードワークを披露する集団に仕立て上げた。その最たる例が、就任2年目の若手監督対決で、アンドレ・ビラスボアスに引導を渡す結果となった。

 第16節トッテナム戦での大勝。大量5得点を奪った零封勝利後、「誰が相手でも、たとえアウェイでも、自分たちのサッカーさえ出来れば結果を残せる」と語る40歳の指揮官からは、アーセナル、マンC、チェルシーを率いる名将たちにも引けをとらない威厳が感じられた。現トップ3とは、ホームでの直接対決を残している事実も、24年ぶりのリーグ優勝を夢見る集団にとっては心強い。

 ロジャーズの下、長期展望での復活プランが順調に進むリバプールは、現役最長政権が実現しているベンゲルのアーセナルと並んで、短期的な視野が問題視されるプレミアでは貴重な存在でもある。今季も、前半戦にして、上は6位のトッテナムから、下は最下位のサンダーランドまで、6チームで監督が解雇の憂き目に遭った。まだ優勝の可能性が生まれたに過ぎないアーセナルとリバプールだが、プレミアのアンチテーゼとも言える両軍が、最後まで優勝戦線に踏み留まる後半戦を期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ルイス・スアレス
マヌエル・ペジェグリーニ
セルヒオ・アグエロ
アルバロ・ネグレド
ウェイン・ルーニー
エデン・アザール
フアン・マタ
マウリシオ・ポチェッティーノ
ヘスス・ナバス
アーロン・ラムジー
ヤヤ・トゥーレ
フェルナンジーニョ
ジョーダン・ヘンダーソン
ペア・メルテザッカー
デヤン・ロブレン
ジョゼ・フォンテ
オスカル
フィル・ジャギエルカ
レイトン・ベインズ
パブロ・サバレタ
アスミル・ベゴビッチ
ブレンダン・ロジャーズ
ロベルト・マルティネス
シモン・ミノレ
アダム・ララーナ
ルーク・ショー
シーマス・コールマン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ