SCORE CARDBACK NUMBER

2013年は大転換点?
魅力的統一戦が未来を創る。
~ボクシング「4団体加盟」の功罪~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/12/29 08:00

2013年は大転換点?魅力的統一戦が未来を創る。~ボクシング「4団体加盟」の功罪~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

12月3日の統一王座戦で「波乱」を生み出した亀田大毅。王者乱立への疑問を加速させた。

 2013年は日本のボクシング史の大きなターニング・ポイントだった――あとで振り返るとそんな年だったのかもしれない。

 この1年、確かに数字の上でボクシング界は賑やかだった。日本人現役世界チャンピオンは男子だけで10人に達し、国内最多記録を更新。さらに日本人の出場した世界タイトル戦(暫定除く)は、年末の3試合も含めて年間35度と、これも最多記録(昨年は24度)だ。亀田興毅・大毅・和毅の3兄弟が同時に世界タイトルを手にし、こちらは世界的にも例のない記録としてギネスブックにも認定された。

 他にも、48年ぶりの五輪金メダリスト・村田諒太が鳴り物入りでプロ転向、藤本京太郎が56年ぶり2代目の日本ヘビー級王者になるなど話題にこと欠かなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブラジルW杯 対戦国研究。

Sports Graphic Number 844

ブラジルW杯 対戦国研究。

 

関連記事

亀田興毅
亀田大毅
亀田和毅
村田諒太
内山高志
三浦隆司
藤本京太郎

ボクシングの前後の記事

ページトップ