SCORE CARDBACK NUMBER

計量トラブル続出は、
王者乱立の弊害か。
~ボクシング世界戦の価値下落~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/02/02 08:10

計量トラブル続出は、王者乱立の弊害か。~ボクシング世界戦の価値下落~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

計量直後に顔面蒼白の宮崎。井岡一翔は「こういう姿を見せるアイツに腹が立つ」とバッサリ。

 試合前日午後に行なわれるプロボクシングの公式計量。選手は決まった時間に契約通りの体重を作らなければならない。うまくいって当たり前だが、そこは生身の人間のやることゆえ、時にミスもトラブルも起こる。12月にはこの計量トラブル、不祥事が相次いだ。

 大晦日、大阪。井岡一翔の同僚で前WBA世界ミニマム級王者・宮崎亮が、ノンタイトル戦で楽な相手とみられたタイ選手にまさかの3回KO負け。これは減量失敗による自滅だった。

 宮崎は減量苦からミニマム級の世界タイトルを放棄したばかり。この日の無冠戦は1階級上げてライトフライ級の48.9kg契約だったが、宮崎は自力で計量台に乗れないほど消耗していた。「あんなショッキングな計量シーンは初めて」と、記者も呆れていたほどだ。計量はパスしたものの本番では体力が持たずに初黒星を喫し、無理に試合をさせない方がよかったとの声がもっぱらである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 528文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス

関連記事

宮崎亮
亀田大毅

ボクシングの前後の記事

ページトップ