フットボール“新語録”BACK NUMBER

「終わりよければ、すべて良しです」
久保裕也がACミラン戦から得たもの。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/26 10:30

「終わりよければ、すべて良しです」久保裕也がACミラン戦から得たもの。<Number Web> photograph by AFLO

12月1日のバーゼル戦、久保裕也は1-2と1点ビハインドで迎えた後半23分に、利き足ではない左足で豪快な同点ゴールを決めた。

「ACミラン相手に、割とできたという感じがありました。かなり自信になりましたね」

久保裕也(BSCヤングボーイズ)

 真のゴールゲッターというのは、人間関係においても自分のリズムを乱さない振る舞い方を知っているらしい。

 スイスの名門・ヤングボーイズの久保裕也は、2013年夏に加入して以来、週2回のペースでドイツ語のレッスンを受けてきた。今ではサッカーのことであれば、かなり理解できるようになってきたという。とはいえ、まだチームメイトの会話でわからないときもある。通訳もおらず、普通なら異国での生活がストレスになってもおかしくないだろう。

 だが、久保は違った。年内最後の試合となったザンクト・ガレン戦後、まだ19歳だったストライカーは言った(クリスマスイブに20歳になった)。

「自分がしゃべりたいときにみんなのところに行って、ばぁーっと話す。で、話したくなくなったら、みんなから離れるんです。そうしたら、『あ、あいつは今一人になりたいんだな』とわかるじゃないですか。だからチームメイトといても、まったく苦になりませんね」

コミュニケーションも駆け引きも、FWの基本は同じ。

 コミュニケーションも、ゴール前の駆け引きも、FWからしたら基本は同じなのだ。自分で仕掛けて主導権を握れば、疲れない。外国人との付き合い方という点で、本田圭佑や香川真司に共通する点があるかもしれない。

 すでに日々の生活でも、自分のリズムを見出していた。

「入団から2、3カ月過ぎたくらいから、慣れてきたかなあという感じです。家も見つかったし、1週間のサイクルもわかってね。スイス料理も好きですよ。ラクレット(溶かしたチーズをじゃがいもにかけて食べる料理)とかチーズフォンデュとか。結構イケます。まあ、時々みそ汁があったらなあと思うくらいでね」

【次ページ】 ゴールよりも、先発出場にこだわる1年目。

1 2 3 NEXT
ACミラン
BSCヤングボーイズ
久保裕也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ