MLB東奔西走BACK NUMBER

MLBとの交渉で露呈した球界の体質。
NPBと選手会の協力構築が最優先だ。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/12/22 08:01

MLBとの交渉で露呈した球界の体質。NPBと選手会の協力構築が最優先だ。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

移籍問題の渦中にいる田中と、選手会長の嶋。互いのことを誰よりも考えた結果が、MLBの怒りを買ってしまうとは、なんとも皮肉な結果となってしまった……。

選手会とNPB、双方の関係改善で協力体制を。

 先日都内で開催されたアスリートのセカンドキャリアについて考えるシンポジウムに参加させてもらった。そこでNPB関係者と話をする機会があったのだが、“選手のセカンドキャリア”というNPB、選手会双方にとって重要なトピックでさえも、選手会と協力して取り組んでいける環境が整っていないということだった。

 WBC開催をみてもわかるように、MLBとMLB選手会はお互いが利益を生み出せる協力関係を構築している。

 今回の新ポスティングシステムにしても、本来ならNPBとNPB選手会が協力しながらMLB側と折衝していくべきものだったはずだ。

 前述通り新制度の有効期間は3年。これでポスティングシステム問題を解決させるのではなく、今から3年後を目指して両者にとって有益な制度になるように、前向きな意見交換を開始して欲しいと切に願うばかりだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大

MLBの前後の記事

ページトップ