ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

「アメリカの宝」が綴った、
ニューヨーク野球三国志。
~『来年があるさ』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2013/12/25 06:00

「アメリカの宝」が綴った、ニューヨーク野球三国志。~『来年があるさ』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『来年があるさ』ドリス・カーンズ・グッドウィン著 松井みどり訳 ベースボール・マガジン社 1900円+税

 ニューヨークの下町、ブルックリン。時は1950年、7歳の女の子が地区の教会で神父に告白した。「ドジャースのロイ・キャンパネラ捕手の話が聞きたくて、他の教会に入りました」。「礼拝なしなら、よろしい」。寛容な言葉に女の子は「人がけがをすればいいと願いました」と続けた。

「ヤンキースのアリー・レイノルズ投手が腕を折ればいいと。ジャイアンツのアルビン・ダーク遊撃手が膝を痛め、ヤンキースの乗った列車が故障しろと……」。神父はにやりとして、「私もドジャース・ファンだが、それで勝っても嬉しくない。ライバルのけがなど願わず、共にドジャースのために祈ろうじゃないか」。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 572文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

MLBの前後の記事

ページトップ