JリーグPRESSBACK NUMBER

徳島ヴォルティスが流した2つの涙。
津田知宏の胸に去来するあの“記憶”。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2013/12/10 12:00

徳島ヴォルティスが流した2つの涙。津田知宏の胸に去来するあの“記憶”。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

ユースから上がってプレーしていた名古屋グランパスから徳島へ移籍したのは2010年のこと。「高校時代からお世話になった名古屋とJ1の舞台で戦いたい。名古屋に行くのが楽しみです」と語った津田。

四国勢初の昇格、しかしJ1はそんなに甘くない。

「あの悔しさは、もう二度と味わいたくない。選手だけじゃなくチーム関係者もサポーターも、みんなが最後の最後で連敗したあの悔しさを忘れずに、力を結集させた。それが、今日の昇格につながったんだと思います」

 国立競技場で歓喜を爆発させたヴォルティスは、四国勢初のJ1昇格を果たした。3年越しの悲願達成でチームは祝賀ムードに包まれているが、サンガとベガルタ仙台でJ1を経験している斉藤は冷静だ。鋭くなった語尾が、新たな決意を表している。

「J1は個々のレベルが違う。僕らは3つ目の昇格チームで、自分たちより力が上のチームしかない。いきなり勝てるとは思っていないし、J1はそんなに甘くない。自分たちのサッカーを、もう一度見つめ直していかないと」

 津田は挑戦者のメンタリティを強調する。

「今回のプレーオフと同じように、僕らはチャレンジャーだと思う。すぐに結果を出すのは難しいかもしれないけど、四国初のJ1チームとして注目される存在になっていかなきゃいけない。僕自身も新たな目標を設定して、クラブがJ1に残っていくために貢献したい」

必要な変化と、失ってはならないメンタリティ。

 J2の3位で昇格した'10年の湘南ベルマーレ、'11年のアビスパ福岡、'12年のコンサドーレは、いずれも1シーズンでJ2へ転落してしまった。'12年のプレーオフを6位で勝ち抜いた大分トリニータも、1シーズン限りでJ1の舞台から去る。

 J1で生き残っていくためには、当然ながら補強を必要とするだろう。新たに徳島へ向かう選手がいれば、チームを離れる選手も出てくるはずだ。

 そうした変化を受け入れながらJ1基準の地力を蓄え、プレーオフを勝ち抜いたメンタリティを失わずにいられるか。新たな舞台でも信じられるものが、ヴォルティスには確かにある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
徳島ヴォルティス
小林伸二
津田知宏
サガン鳥栖
京都サンガF.C.
千代反田充
斉藤大介
徳重隆明

Jリーグの前後の記事

ページトップ