SCORE CARDBACK NUMBER

エディの“子供教室”にみる
ジャパンと世界No.1との差。
~オールブラックスの“基礎スキル”~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/11/23 08:00

エディの“子供教室”にみるジャパンと世界No.1との差。~オールブラックスの“基礎スキル”~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

国内では「ハンズアップ」と呼ばれる捕球の基本。基礎の徹底が、世界レベルへの近道だ。

「アーリーキャッチ!」

 今年8月、宮城県の陸上自衛隊船岡駐屯地で開催された東北小学生ラグビー交流大会「第2回ともだちカップ」で、特別講師を務めてくれたエディ・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチが、繰り返し口にしていた言葉だ。

「パスは腕を伸ばして前で捕る。早く捕ると判断に余裕ができる」

 それから始まった練習では、小学生たちの捕球が少しでも遅れると「ピッ」と笛が鳴り「アーリーキャッチじゃない! 交代!」の声が飛ぶ。最初は戸惑い気味だった少年少女も、テンポよく進むドリルにすぐに慣れ、目を輝かせてキャッチングに集中していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

五郎丸歩
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ