SCORE CARDBACK NUMBER

規格外の18歳、梶村祐介が
体現する日本ラグビーの進歩。
~超高校級CTB、代表合宿に参加~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/10/26 08:00

規格外の18歳、梶村祐介が体現する日本ラグビーの進歩。~超高校級CTB、代表合宿に参加~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

走り込みながらのパスの技術と筋肉質な体は、往年の名CTB元木由記雄を彷彿とさせる。

「前は、オールブラックスって遠い存在だと思っていた。でも今のジャパンは、『オールブラックスに勝つぞ』と、選手もスタッフも全員が本気で取り組んでいる。その中で自分も、少しでもチームにプラスになりたい」

 10月6~8日に行なわれたラグビー日本代表候補のミニ強化合宿。9月15~17日の合宿に続き、練習選手ながら最年少で招集された梶村祐介は、2度目の合宿を終え、表情を引き締めて話した。

 報徳学園高校3年。9月に18歳になったばかりとは思えない、落ち着いた風貌。伊丹市の白ゆり幼稚園で4歳からラグビーを始めたCTB。中2まではFWで、中3からはBKでプレー。8月のU19アジア選手権で、180cm86kgの高校生離れした肉体と巧みなランニングスキルがエディ・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチの目に留まったのだが……規格外なのは外見だけではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドーハの悲劇、20年目の真実。

Sports Graphic Number 839

ドーハの悲劇、20年目の真実。

 

関連記事

梶村祐介

ラグビーの前後の記事

ページトップ