ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

馬券を買わなくても楽しい、
“伝説の競馬コラム”。
~寺山修司・著『競馬場で逢おう』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2013/11/10 08:00

馬券を買わなくても楽しい、“伝説の競馬コラム”。~寺山修司・著『競馬場で逢おう』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『競馬場で逢おう』 寺山修司著 宝島社文庫 現在絶版(2000年刊)

 競馬場や野球場の記者席で並んで取材したこともあるから「寺山さん」と呼ばせてもらう。本書は寺山さんが報知新聞に連載した馬券予想コラムのエッセンス。読み捨てが決まりの予想記事が本になるとは異例だが、競馬ファンはもちろん馬券を買わない人たちまでもが話題にした名物コラムだ。寺山さんには長文の競馬エッセイを集めた『馬敗れて草原あり』(新書館)などがあるけれど、こちらの短文の方が断然面白い。

 予想記事はレース展開、出走馬の戦歴、騎手、馬場状態等のデータを入れて書くのが定型だから、記者が書こうが有名作家が書こうが似たようなものだ。それが寺山さんの手にかかると、ある時は別れた女と同じ誕生日の馬を勧め、ある時は馬名の語呂合わせ、ある時は騎手を論じ、ある時は干支占い……と、楽しい読み物になった。スシ屋の政、トルコの桃ちゃん、バーテンの万田の登場人物たちの競馬談義で予想馬券が決まる趣向と語り口の絶妙さ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 376文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

寺山修司

競馬の前後の記事

ページトップ