Number Do MoreBACK NUMBER

<「全力坂」プロデューサーが教える> 走りたくなる坂はどこにある? 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/10/29 06:01

<「全力坂」プロデューサーが教える> 走りたくなる坂はどこにある?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

のぞき坂(胸突坂)豊島区:坂上からだと、下っていく車や人の姿が落ち込んで見えなくなるほどの傾斜。登りでは立ち止まる歩行者も多い。

海が見えたり、新幹線と並走できるマル秘スポット!

 坂の名前から探すのはどうだろう。例えば富士見坂。富士山が望めたのだから眺めのいい高いところにあるはず――だが、名前は案外あてにならないと佐藤さんは言う。

「たとえば長坂という坂があるから長い坂なのか、と思ったらそうでもなかったり。名前がついている坂は江戸~明治に拓かれた道が多いんです。長坂も江戸時代はわりと長い坂だったんでしょうけど、今は環境も変わっていますしね。昭和に入ってから新しく開発された坂には名前がないものも多い。仕方ないので番組では『〇〇一丁目の坂』とか住所で紹介をしていますが、本当は全力坂と名付けたいくらい(笑)。東京は本当にいい坂のある町ばかりです。六本木、中目黒、大井町、池尻、富ヶ谷、目白、湯島、鶯谷、王子、みんないいですね。個人的には池上あたりも気に入ってます。坂の上から海が見えたり、新幹線の線路と並走できたりするんですよ」

 坂はトレーニングにもなるし、登りきったら気分もいい。日々のランに「ひとり全力坂」を組みこんでみるのもいいかもしれない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2
佐藤太一

陸上の前後の記事

ページトップ