SCORE CARDBACK NUMBER

春のリベンジに燃える、
福永&エピファネイア。
~10・20菊花賞の“大本命”~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/10/16 06:01

春のリベンジに燃える、福永&エピファネイア。~10・20菊花賞の“大本命”~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

神戸新聞杯では2着マジェスティハーツに2馬身半差をつけて完勝。重賞2勝目を挙げた。

 菊花賞トライアルの神戸新聞杯(阪神芝2400m、G2)は、単勝1.4倍の断然人気の支持を集めたエピファネイア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が期待通りの快勝劇を演じた。

 皐月賞、ダービーともに惜敗の2着に甘んじたのが同馬。大きな課題とされていたのは人馬の折り合いだったが、まさにそこで著しい進境を証明できたのは何よりの収穫だったに違いない。

 春、二度も悔し涙を流した福永祐一騎手の喜びが格別なのも当然で、レース後もしばらくの間、興奮を抑えられない様子だった。「めっちゃうれしいです。こういう超一流のパワーがある馬を乗りこなせずに騎手を続けていいのかと思って取り組んでいたんです。今日の競馬ではそれができた。やっとできたんです」と、つかみ取った達成感を包み隠さず吐露したのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 532文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

エピファネイア

競馬の前後のコラム

ページトップ