サッカーの尻尾BACK NUMBER

バルセロナがポゼッションを捨てた!?
保持率49%の衝撃と、新たな攻撃法。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/09/24 11:25

バルセロナがポゼッションを捨てた!?保持率49%の衝撃と、新たな攻撃法。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

グアルディオラがバイエルンの監督に就任すると同時に、バルセロナで脱グアルディオラが始まった。この数奇な巡りあわせの結末はいかに。

「ポゼッション」「ティキ・タカ」のブームの後。

 ボールを相手に触れさせない。

 そんなバルサのサッカーが全盛を誇った時代があった。

「ポゼッション」や「ティキ・タカ」や「ロンド」は世界中で流行語にもなった。

 しかし、何かを極めることは衰退への第一歩でもある。再び頂点へと戻るため、今、バルサはポゼッションを捨てようとしているのだ。

「バルサのサッカーの哲学は変わらない」と選手が口を揃えるように、これからもそのサッカーの根本は変わらないだろう。しかしポゼッションへの固執は薄らぎ、よりスピードのある、ダイレクトなプレーも見られるようになるはずだ。

 そしてピッチ上の変化がどう数字に表れるのか。試合後、カンプノウのテレビに映し出されるデータを眺めるのが、これまでよりも楽しみになった。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
ヘラルド・マルティーノ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ