詳説日本野球研究BACK NUMBER

甲子園組、不出場組が揃って活躍。
18U選手権の準Vは野球版「倍返し」!  

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byYuji Arakawa

posted2013/09/15 08:01

甲子園組、不出場組が揃って活躍。18U選手権の準Vは野球版「倍返し」! <Number Web> photograph by Yuji Arakawa

上背は170cmながら、丸太のような腕と鋭いスイングで真っ向勝負を挑んだ森友哉。リードでもセンスを見せ、さらに評価を高めた。

大会前には「今年は不作」と囁かれていたが……。

 投手の全成績もここで紹介しよう。

安楽智大(済美2年)      2勝0敗、防御率0.00
飯田晴海(常総学院)    1勝0敗、防御率0.90
松井裕樹(桐光学園)    2勝1敗、防御率1.80
(↓以下出場が少ない選手)
山岡泰輔(瀬戸内)      1勝0敗、防御率0.00
高橋由弥(岩国商)      0勝1敗、防御率3.38
田口麗斗(新庄)        0勝0敗、防御率6.75
高橋光成(前橋育英2年) 1勝0敗、防御率12.00

 松井は森友のリードに全幅の信頼を置き、メジャーリーガーの卵に対して果敢に力勝負を挑み、9三振を奪った。7回途中でマウンドを山岡に譲ったが、伝家の宝刀・スライダーだけでなく、ストレートでもアメリカチームに対抗できると証明したことは将来の日本チームにも大きな財産になったはずだ。

 この大会が行われるまで、「今年の高校生は不作」と陰でまことしやかに囁かれていた。しかしこの18U選手権の好結果で、まったく逆の評価が聞かれるようになった。

 今年の高校生は世界の舞台で戦うための新たなノウハウを、財産として残してくれた。これこそ野球版の「倍返し」である。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松井裕樹
森友哉
若月健矢
渡辺諒
田口麗斗
山岡泰輔
吉田雄人
安楽智大

高校野球の前後の記事

ページトップ