プレミアリーグの時間BACK NUMBER

大儀見優季がチェルシーで好発進。
「W杯王者」という期待を背負って。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/08/25 08:01

大儀見優季がチェルシーで好発進。「W杯王者」という期待を背負って。<Number Web> photograph by Getty Images

加入直後から試合に出場し、早くも信頼をつかみつつある大儀見。なでしこジャパンで培ったポゼッションへの意識と、ドイツで身に着けた力強さで、どこまでチームを引き上げられるか。

指揮官も「大儀見のチェルシー」に強い期待をかける。

 その監督は、経験と共に「勝者のメンタリティ」を持つ大儀見を、「単なる即戦力ではなく、中心としてチームを作り上げていきたい選手」と評している。同時に、「できることなら、いわゆる9番の位置で起用したい」とも言っているが、当面は、通常よりもゴールの比重が重い10番タイプとして起用し、攻撃の機能化を最優先していくようだ。実際、移籍2試合目には4-2-1-3、3試合目には4-4-1-1とシステムが変わっても、大儀見は最前線の背後でスタートしている。

 本人も、「ここで、自分がフィニッシュに絡むベストなパターンを探りながらやっていきます」と、当然ながら、チャンスメイクだけではなく、自らの得点で貢献する責任も認識している。時折見られる周囲との呼吸のズレは、時間が解決してくれる。「1時間ぐらいチームバスを待ちました(笑)」という、日本やドイツとは違うピッチ外でのリズム感も、じきに体に沁み込むだろう。その結果が、ゴールやアシストという数字として表れ始めるはずだ。

 大儀見を加えたチェルシーは、9月末までの残り4試合で、来季のCL出場を意味するトップ2入り実現を目指す。10試合を消化して10ポイントという現状では、多分に数字の上だけでの可能性だが、ライバル勢との直接対決が残されていることも事実だ。目先の目標達成への促進剤として、そして、将来的な「大儀見のチェルシー」への序章として、7番を背負う実質的な「9.5番」の活躍に期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
チェルシー・レディース
大儀見優季

海外サッカーの前後の記事

ページトップ