野球善哉BACK NUMBER

重本監督を乗せると、チームも乗る!
延岡学園、宮崎県勢初の決勝進出。
 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/08/21 18:50

重本監督を乗せると、チームも乗る!延岡学園、宮崎県勢初の決勝進出。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

4年前に延岡学園の監督に就任した重本監督。まだ31歳の若い監督が、宮崎県勢として初の快挙を成し遂げた。

「監督が乗った時が、チームが乗った時です」

 初戦の自由ケ丘(福岡)戦では奈須―横瀬のリレーで勝利。

 3回戦の聖愛(青森)戦では奈須が8回を零封し、点差が開いた9回を井手がぴしゃりと抑えた。

 準々決勝の富山第一戦では、井手が先発し、5回1/3を1失点に抑えて、横瀬につなぐ。横瀬が3回を3失点で降板したが、8回途中からは奈須が登板。2回2/3を無失点で切り抜け、最後はサヨナラで制した。

「奈須と井手は一本立ちした感じがあったんですけど、横瀬はそうではなかった。だから、準決勝では思い切って先発で起用して、今後、野球を続けて行く上での自信をつけてほしかった」

 指揮官の抜擢、あるいは厳しい叱咤に対して選手たちが見事に呼応し、上手く結果に出ている。

 重本は喜怒哀楽の大きいタイプの指揮官だが、激しい「怒」の部分をよく見かけるわりに、延岡学園の選手たちには全く委縮するような様子が見られない。主将の坂元は言う。

「怒られ慣れているというのはあると思います。また怒っているなって。でも、怒っているけど、監督さんは頭が切れるし、結構、大事な場面では勝負に出てくる。僕は監督の言いたいことが読めるようになりましたけど、気が付いたら乗せられているという感じなんです。監督が乗った時が、チームが乗った時です」

宮崎県勢として春・夏通じて初の甲子園決勝を迎える!!

 重本から選手への甘い評価が口にされることはない。ただ、それが選手への愛情の裏返しだということは選手の誰もが分かっている。

 決勝進出の立役者・横瀬はいう。

「3分の0で代えるって言われましたし。あまり褒めてくれない監督なんで、今日は、完封できてよかったです」

 明日迎える前橋育英(群馬)との決勝戦。

 宮崎県勢としては、春・夏を通じて初めての決勝戦である。

 明日の先発は? と尋ねられると、重本は笑みを浮かべてはっきりと答えた。

「明日も横瀬で行ってみようかなと思ってはいます。ただ、たくさん投手がいますけど、明日は打線に期待したいですね。相手は好投手(高橋光成)ですが、打線が打ち崩してほしいなぁ」

 指揮官の言葉にどう選手が呼応するのか。

 宮崎県勢、最大の挑戦となる明日が楽しみだ。

関連記事

BACK 1 2
重本浩司
横瀬貴広
柳瀬直也
奈須怜斗
井手一郎
坂元亮伍
上米良有汰
延岡学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ