SCORE CARDBACK NUMBER

フェデラーの動きに衰え。
史上最強王者の心境は?
~前向きに臨む世代交代の戦い~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/08/18 08:00

フェデラーの動きに衰え。史上最強王者の心境は?~前向きに臨む世代交代の戦い~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

ウィンブルドンで116位のスタホフスキーに敗れ、準々決勝に残れなかったのは11年ぶり。

 ロジャー・フェデラーはいつまで持ちこたえられるのか。引退の日が決して遠くないことを示す状況証拠がいくつかある。116位、114位、55位。これはウィンブルドンからの3大会で彼が敗れた相手のランキングだ。腰が万全でないとはいえ、失態が続いた。ランキングも5位に落ちた。8月8日で32歳という年齢ももちろんネックになる。

 興味深いのは、打球面の大きなラケットを試したことだ。面が大きければスイートスポットが広がり、ラケットが腕力を補って打球にパワーが加わる。だが、熟練の技を持つ彼がなぜ今、用具を変えるのか。そこに心の揺れも読みとれる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ロジャー・フェデラー

テニスの前後のコラム

ページトップ