NumberEYESBACK NUMBER

セリーナに完敗でも、
伊達が前向きだった理由。
~ウィンブルドンで魅せた42歳の技~ 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/07/19 06:00

セリーナに完敗でも、伊達が前向きだった理由。~ウィンブルドンで魅せた42歳の技~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

センターコートに詰め掛けた観客の声援をバックに女王に立ち向かった。

 日没を見越して屋根が閉じられたウィンブルドンのセンターコート。クルム伊達公子とセリーナ・ウィリアムズの3回戦が始まったのは、日本時間の午前4時半頃だった。リアルタイムで観戦した人は多くなかったかもしれない。朝起きて知ったスコアが2-6、0-6、わずか1時間という試合時間では、伊達がその後に言った「今度はハードコートでやってみたい」という前向きな言葉の意味は理解できなかっただろう。しかし、あの1時間を見つめていた人ならわかるはずだ。

 パワーテニスの先駆者であり、31歳でなお世界1位の座を維持するセリーナがいきなりサービスエースを叩き込んで、試合は幕を開けた。相手サーブの読みがうまくリターンが得意な伊達も、「まったく読めなかった」と振り返る。結局奪われたサービスエースは8本。リターンエースも11本決められ、女王の驚異的な破壊力には脱帽だった。しかし、少しでも甘くなったサーブには確実に対応し、ラリーに持ち込めば伊達の支配の中でポイントを得ることも少なくなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 933文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

セリーナ・ウィリアムズ
クルム伊達公子

テニスの前後のコラム

ページトップ