Number Do MoreBACK NUMBER

<わたしの愛する山遊び> 山岳気象予報士・猪熊隆之が解説「雲海」~雲さえ読めれば手軽に見れる~ 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byYuji Kamiya

posted2013/08/21 06:00

<わたしの愛する山遊び> 山岳気象予報士・猪熊隆之が解説「雲海」~雲さえ読めれば手軽に見れる~<Number Web> photograph by Yuji Kamiya

雲の形や動き、変化が空気の状態を語ってくれる。

 雲の上に安定層があると、風が吹いても雲は上昇せずに横に流れていく。そして風が山を越えても、雲は上昇できないので、下に下っていくんです。それが滝のように見えるんですね。風だけでなく、雲の元となる水蒸気の量が多いことや、雲が山を下れるように安定層が山頂のちょっと上に位置することが条件となってくる。

 これは本当に珍しいので、見れたらラッキーだと思ってください。

 空気は目に見えないので、大気の状態って分かりませんよね。でも雲の形や動き、変化が空気の状態を語ってくれているんです。実際、パラグライダーをやる方も、大気を読んで上昇気流に乗っています。

 ハードに登らなくても眺めのいいところはいっぱいあります。ぜひ雲を見に山へ出かけてみてはいかがでしょう。

猪熊隆之(いのくまたかゆき)

気象予報士。中央大学山岳部監督。国内外の山岳気象を予報する「ヤマテン」代表取締役。主な実績に竹内洋岳のダウラギリ登山など。

雑誌Number Do『日本百名山を再発見~あの山はもっと遊べる!~』では、「わたしの愛する山遊び」というテーマで山小屋や温泉名山、星空の見方など、様々な山登りの楽しみ方をクローズアップしています!

関連記事

BACK 1 2 3
猪熊隆之

他競技の前後の記事

ページトップ