SCORE CARDBACK NUMBER

強引すぎる走りに見えた、
王者ロッシの裏の顔。
~後味の悪さが残った日本GP~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2010/10/25 06:00

強引すぎる走りに見えた、王者ロッシの裏の顔。~後味の悪さが残った日本GP~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

先行するロレンソと追うロッシ。壮絶な接近戦は、トップ争い以上にスタンドを沸かせた

 先日、ツインリンクもてぎで開催された日本GPで、V・ロッシとJ・ロレンソの二人が3位表彰台を懸けた熾烈なバトルを演じた。意地の張り合いとなったこの戦いで先着したのはロッシ。

 ラストラップに激しい戦いから身を退いたロレンソは、レース後、ロッシの戦いぶりを痛烈に非難した。

「僕は最後までフェアに戦おうとしたが、彼の走りはあまりにもアグレッシブで、フェアな戦いという点では限界を超えていた。身体をぶつけてきたり、バイクを当ててきたり、彼の走りは失格になってもおかしくないほどひどいものだった」

 コース上で両者が火花を散らしたとき、どちらが勝つかは明白だった。シーズン半ばに怪我をしたロッシは、すでにタイトル争いから脱落し失うものが何もない状態。タイトル獲得にあと一歩に迫っているロレンソは、ダーティなバトルを仕掛けられたら退くしかない。さらに言えば、今シーズン限りでヤマハを去るロッシにとっては、2年前にチームメイトになってから、ずっと嫌っていたロレンソを叩きのめす最高のチャンスだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

バレンティーノ・ロッシ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ