SCORE CARDBACK NUMBER

さよなら祥也。
19歳の早すぎる死を悼む。
~富沢祥也、レース界が失った宝~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2010/09/19 08:00

さよなら祥也。19歳の早すぎる死を悼む。~富沢祥也、レース界が失った宝~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

今季開幕戦の優勝に続き、第2戦では2位を獲得。人なつっこい笑顔で誰からも愛された

 グランプリ2年目の富沢祥也選手が、9月5日にイタリアのミサノで開催された第12戦サンマリノGPで転倒、後続のマシンに轢かれる事故で亡くなった。今季3回目の表彰台が期待されるレースでの悲劇だった。

 千葉県立匝瑳(そうさ)高校英語科を卒業し、18歳でCIPからWGP250ccクラスにデビューした。チームの本拠地フランスに住みはじめた日に、フランス語で数字の50まで言えるようになった明敏さで、チームスタッフを驚かせたこともある。今年から始まったモト2クラスの開幕戦で優勝し、GPの歴史にその名を記した。19歳という若さと思い切りの良い走りは、将来のモトGPライダーとして大きな期待を集めていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

富沢祥也

MotoGPの前後のコラム

ページトップ