SCORE CARDBACK NUMBER

トレードに揺れるカメロに
浴びせられたブーイング。
~移籍問題に揺れるNBAファン心理~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2010/10/15 06:00

トレードに揺れるカメロに浴びせられたブーイング。~移籍問題に揺れるNBAファン心理~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

昨季はリーグ3位の平均28.2得点をマーク。脂の乗った26歳エースの動向に注目が集まる

 喝采とブーイングの距離は思ったよりも近い。この秋、カメロ・アンソニー(デンバー・ナゲッツ)はそのことを痛感しているのではないだろうか。

 9月末、チームメイトたちと共に、地元で行なわれた総合格闘技の試合を見に行ったときのことだ。会場のスクリーンにアンソニーの姿が映されると、観客の間から大きなブーイングが沸き起こった。今まで地元デンバーでは常に喝采で迎えられていたスーパースターにとって、これは堪えた。「生まれて初めてブーイングされた」と周りにこぼしたらしい。

 地元でのブーイングは自分を応援してくれるはずの人たちの不満の声。不甲斐ないプレーをしたとき、裏切られたと思ったとき、ファンは地元選手にもブーイングを浴びせる。今回は、アンソニーがナゲッツの契約延長オファーを受けず、来夏にはチームを出る気配を見せたことが始まりだった。公にはチーム離脱予告も、トレード要求もしていないが、今夏、同期のスーパースター、レブロン・ジェイムスがキャブスを去った騒動の後だけに、ファンは選手の心移りに敏感だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 453文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

Sports Graphic Number 764

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

 

関連記事

カメロ・アンソニー
デンバー・ナゲッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ