SCORE CARDBACK NUMBER

交流戦優勝の立役者は、
3年目の剛腕・千賀滉大。
~ソフトバンクの新・中継ぎエース~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/06/29 08:00

交流戦優勝の立役者は、3年目の剛腕・千賀滉大。~ソフトバンクの新・中継ぎエース~<Number Web> photograph by KYODO

開幕当初の敗戦処理から結果を残し、首脳陣の信頼を掴んで中継ぎの大黒柱へと成長した。

 ソフトバンクが2年振り4度目の交流戦優勝を決めた。秋山幸二監督にとっては3度目の交流戦V。'11年の勝因が和田毅、杉内俊哉らを擁した投手陣だとすれば、今回はチーム打率2割8分台を叩きだした内川聖一、松田宣浩、長谷川勇也ら打者陣か。だが真の立役者は、交流戦終了時で27試合に登板して、防御率0.76とブルペンを支えた千賀滉大だろう。

 千賀は蒲郡高出身。'10年に育成ドラフト4位で指名された。周囲は“大学を出てからでも遅くない”と反対したが、「4年後にドラフト指名される保証はない」とプロ入りを即決したという。“入団直後はレベルの高さに圧倒された”という千賀は、地道に基礎トレーニングに励むと、'12年4月に支配下登録を掴みとった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

徹底検証3戦全敗。~CONFEDERATIONS CUP 2013~

関連記事

福岡ソフトバンクホークス
千賀滉大

プロ野球の前後の記事

ページトップ