オリンピックへの道BACK NUMBER

“安全運転”で体操NHK杯5連覇。
内村航平の本当の目標は東京五輪。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/06/17 10:31

“安全運転”で体操NHK杯5連覇。内村航平の本当の目標は東京五輪。<Number Web> photograph by AFLO

今秋の世界選手権の目標は個人総合4連覇。「それができれば、種目別はひとつも(決勝に)残らなくていい」とNHK杯後に言い切った。

まだ理想の演技ができていないという現実。

 もうひとつは、理想とする体操を実現したいという意志だ。言い換えれば、まだ理想の演技をしていないということでもある。

「オリンピックでいちばんいい色のメダルを取っても、満足した感じはないです。結果ではなく、表現したい理想の体操があります」

 これもロンドンでの言葉だ。

 個人総合で世界一になったとはいえ、その内容に納得がいかなかったことがただちに次へと目を向ける源となったのだ。

 理想の演技を思い描き、理想と現実の差を計るいわば確固とした自己基準があるのだろう。そして客観視して自分をみつめることもおそらくできる。ゆるぎない自己基準と客観視こそ、内村を内村たらしめているのかもしれない。

 NHK杯では、昨年のロンドン五輪に出場した加藤凌平、「日本の主軸になれる」と期待される野々村笙吾の順天堂大のチームメイト同士が熾烈な2位争いを繰り広げた。最終得点差は0.275点というわずかな差で加藤が2位となり、規定により世界選手権代表入りを決めた。両者の演技は、若い世代が順調に伸びてきていることを実感させた。それでも、両者ともに内村には遠く及ばなかった。

 加藤はこうコメントしている。

「(世界選手権では)航平さんに何かがないかぎり勝てないので、そのほかの海外の選手に負けないように頑張りたいと思っています」

 後輩にそう言わしめた内村は、世界選手権の目標に個人総合4連覇をあげる。

リオ五輪以降も、2020年まで競技生活を続けたい。

 その上で、内村はこうも語った。

「たぶん、(オリンピックの開催地は)東京になると思うので2020年まで続けたいですね。体への負担を考えながら、息の長い選手でいたいと思います」

 リオデジャネイロ五輪を区切りとせず、さらに長期間第一線でいたいと考えるようになっていた。それも今大会で無理をしなかった理由だろう。

「そこまで続けたい」と言う2020年に内村は31歳を迎えることになる。男子体操は20代半ばから後半で引退していく選手がほとんどであることを考えればそれ自体が大きな挑戦となる。

 自分をみつめ、長期的な視野のもと、理想の演技を目指して進んでいく内村が2020年まで第一線にいたとき、体操界の鉄人と呼ばれることになるのかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内村航平
加藤凌平
野々村笙吾
リオデジャネイロ五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ