日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

イラクを完封もブラジルに通用するか?
求められる“コンフェデ仕様”の守備。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/12 11:45

イラクを完封もブラジルに通用するか?求められる“コンフェデ仕様”の守備。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

試合後の長友は「今のチームメートは信頼関係もあるし、すごく良い雰囲気のチーム。これをもっと高めていって、世界でも勝てるようなサッカーをしたい」と語った。

ブラジル戦を見据えていたゆえの、執念の勝利。

 ブラジルには昨年10月、カウンターに翻弄されて4点を奪われて大敗を喫している。その苦い経験は、生々しい記憶として一人ひとりの脳裏に焼き付いているはずだ。ボールを保持されて時間が長くなる守備を磨いて、いかにいい攻撃につなげられるか。そのためには「最後に仕事をさせない」もさることながら「最後のところまで行かせない」が大事になってくる。

 コンフェデに話が及ぶと、指揮官も表情を厳しくした。

「ミスを極力少なくすることが大切になる。そこをしっかりと突いてくるのがブラジルだから。ブラジルは、ときによくない戦いもあるが、ポテンシャルは世界でナンバーワンのチームだ」

 だが、時間が経つにつれて動きがよくなった細貝を含め、試合経験の少ないメンバーをここで試せたこともプラス材料だった。

 イラクの先にあるブラジルを見ているからこその勝利への執念――。

 王国ブラジルのハードルは極めて高い。しかし逆境にもひるまない、屈しない姿勢がなければ何も始まらない。何も起こらない。

 決意と野心に偽りなし。彼らはいざ、ブラジルに乗り込む。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アルベルト・ザッケローニ
今野泰幸
伊野波雅彦
長友佑都
遠藤保仁
細貝萌
清武弘嗣
本田圭佑
岡崎慎司
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ