SCORE CARDBACK NUMBER

最優秀コーチを生んだ、
今季ナゲッツの一体感。
~癌を患った名将が達した新境地~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/06/03 06:00

最優秀コーチを生んだ、今季ナゲッツの一体感。~癌を患った名将が達した新境地~<Number Web> photograph by Getty Images

名将カールHCは1984年のキャブスを皮切りに5チームを率い、2010年には通算1000勝を記録。

 ジョージ・カール(デンバー・ナゲッツ・ヘッドコーチ)はかつて、ボストンの街中に置かれた名将レッド・アウアバックの銅像のベンチに腰かけてみたことがあるという。いつかコーチとして認められ、アウアバックの名前がつけられたNBA最優秀コーチ賞を受賞し、銅像と同じ形のトロフィーを受け取りたいと野心に燃えていた頃のことだ。

 それから何年たっても同賞とは縁がなかった。何度もディビジョン優勝し、ほぼ毎季、チームをプレイオフに導いたが、それでもトロフィーを手にすることはできなかった。そのうちカールも受賞にこだわらなくなっていった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 650文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

デンバー・ナゲッツ
ジョージ・カール

バスケットボールの前後の記事

ページトップ