SCORE CARDBACK NUMBER

長友復帰の“ミステリー”と、
インテルが抱える病巣。
~負傷者続出の責任はどこに?~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/05/24 06:00

長友復帰の“ミステリー”と、インテルが抱える病巣。~負傷者続出の責任はどこに?~<Number Web> photograph by Getty Images

復帰戦から積極的な攻め上がりを見せるなど、チームに不可欠な戦力であることを証明した。

 5月12日ジェノア戦での長友佑都の復帰は多くのイタリア人を驚かせた。4月中旬の試合で膝を負傷してからというもの、メディアでは「今季絶望」と報じられていたからだ。

 長友は今季、2度膝の負傷から立ち上がっている。2月のミラノダービーで負傷した彼は4月に復帰するも、その試合で再び膝を痛め、7分後にはピッチを後にした。手術が必要との報道もあったが、日本とイタリアでの診断の結果、手術は見送ることになる。そしてリハビリの末、わずか1カ月でピッチに戻ってくることになったのだ。『長友の膝のミステリー』とされるが、早期復帰を喜ぶ声は多い。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

インテル
長友佑都
アンドレア・ストラマッチョーニ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ