野球善哉BACK NUMBER

福島代表が初めて大阪代表に勝利!
聖光学院が完勝で一躍優勝候補に。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/08/16 19:30

福島代表が初めて大阪代表に勝利!聖光学院が完勝で一躍優勝候補に。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

広陵に負け、横浜に負け、PLに負けてきた聖光学院。

 ここ近年は強豪校との対戦で敗北が続いていた。

 昨年はPL学園、一昨年が横浜で、その前が広陵である。だがこれは、言いかえれば強豪以外には負けていないと考えることもできるのだ。さらに想像を逞しくしていくと……強豪校との対戦ばかりという試練は、聖光学院がさらに上を目指していく運命への通過点だったと考えることもできる。

 今大会の組合せ抽選会を前にして、斎藤監督はナインたちに「今大会は強豪と当たるぞ!」と話していたという。そして、言葉通り最激戦区と言われるゾーンに入った。その最激戦区で強豪校に連勝した今、風は確実に聖光学院に吹いている。

 監督の息子でもあり、この日の殊勲となった斎藤英は試合前、こう話していた。

「ここ何年かは強豪校に負けていたので、その壁を乗り越えたい。広陵には勝てたので、今日も、勝ちたいです」

 この試合は先に2点を先制したあと、履正社の反撃を受け、6回に同点とされた。終盤は緊迫したゲーム展開で、一つのミスも許されない中、8回裏、聖光学院の攻撃にミスが重なっていた。そこで、起死回生のホームランが飛び出した。

 試合展開は、まさに強豪校の戦い方であった。「泥臭く、粘り強く、ひたむきにやる」(斎藤監督)というチーム力で甲子園常連校になったチームが、今年は個の力でも試合を決めることができるようになったのだ。

もはや高校野球界において、地方の不利は無くなった!

 履正社・岡田監督は福島県というイメージは最初から持たなかったという。

「相手が何県だとか、そんなんは今は関係ないですよね。東北だからとか、四国地区だからとか、そういうのはもうないんちゃいますか」

 高校野球が県や地区代表の戦いである限り付いて回る話だが、「福島県だから」「大阪府だから」という見方は時代遅れなのかもしれない。

 聖光学院は、もはや全国区のブランドになったのだ。

 強豪である広陵、履正社を破ってのベスト8進出は、優勝候補の資格十分といっていい。

関連記事

BACK 1 2
履正社高校
聖光学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ