SCORE CARDBACK NUMBER

2戦目で早くも勝利した、
スーパースター候補の実力。
~モトGPを沸かせる20歳マルケス~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2013/05/16 06:00

2戦目で早くも勝利した、スーパースター候補の実力。~モトGPを沸かせる20歳マルケス~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

初開催のコースでチャンスとは予想されたが、実際に勝利してみればチームも大喜びだった。

 レプソル・ホンダからモトGPクラスにデビューしたM・マルケスが、4月21日にテキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で開催された第2戦アメリカズGPで、ポール・トゥ・ウインを達成した。最高峰クラスでデビュー2戦目のPP獲得と初優勝は、現役ライダーでは最速記録。さらに、F・スペンサーが1982年に達成した史上最年少PP記録(20歳153日)と史上最年少優勝記録(20歳196日)を、それぞれ、20歳62日と63日で塗り替えた。

 2位にはマルケスが尊敬するライダーとして真っ先に名前を挙げるチームメイトのD・ペドロサ、3位には昨季の王者で開幕戦カタールGPを制したJ・ロレンソが入った。今季のチャンピオン候補の二人を振り切っての大記録達成となったが、レース後のコメントは、20歳らしからぬ不敵さに溢れるものだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

レプソル・ホンダ
マルク・マルケス
ダニ・ペドロサ
ホルヘ・ロレンソ
バレンティーノ・ロッシ

MotoGPの前後のコラム

ページトップ