SCORE CARDBACK NUMBER

春夏連覇を狙う興南、
島袋は松坂になれるか。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2010/08/02 06:00

春夏連覇を狙う興南、島袋は松坂になれるか。<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

興南の島袋は沖縄大会決勝の糸満戦で10三振を奪う力投を見せ、3安打1失点で完投した

 全国に先駆け、夏の甲子園大会出場を決めた、沖縄・興南高校。チームの大黒柱は選抜優勝投手の左腕・島袋洋奨で、今夏の沖縄大会は全6試合中4試合に登板して、4勝0敗、防御率0.58という圧倒的な成績を収めた。

 興南・島袋が狙うのは史上6校目となる春夏連覇。この偉業を直近で成し遂げたのが'98年の横浜・松坂大輔である。松坂の'98年夏の東神奈川大会と、島袋の沖縄大会の歩みはよく似ている。

 地方大会6試合中、9回完投したのが2試合(うち完封1試合)、先発して5回を投げたのが1試合、リリーフしたのが1試合、そして登板しなかったのが2試合である。これほどプロセスが似ていると、'98年の横浜・松坂のように、興南も絶対的なエース一人の力で頂点まで突っ走るつもりかと、早合点したくなる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

島袋洋奨
興南高校

高校野球の前後の記事

ページトップ