Jリーグ万歳!BACK NUMBER

北嶋なき柏レイソルを背負う2人のFW。
工藤壮人と田中順也、急成長の理由。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/04/26 12:35

北嶋なき柏レイソルを背負う2人のFW。工藤壮人と田中順也、急成長の理由。<Number Web> photograph by AFLO

大黒柱、北嶋が抜けた穴を工藤壮人(右)と田中順也が競うように埋めている。ACLとJリーグの二正面作戦をレイソルが突破できるかは2人の若者にかかっている。

まったく異なる性格をしている2人のストライカー。

 田中だからできることは他にもある。

 増嶋が「アイツには助けられている」と語る、守備への献身と運動量、それからヘディングの競り合いの強さもその一つである。FWだからといって、ポジション争いの評価対象となる要素はゴールの数だけではない。

 田中のキャラクターは、工藤とは対極にある。どこかマイペースで独特の間があり、質問に対してハキハキと答える工藤とは違って、ゆっくり、じっくり答えようと言葉を選ぶ。聞き手としても、工藤と対面していると思わず背筋が伸びるのを感じるのだが、田中の方は、こちらをリラックスさせるような雰囲気を作ってくれる。

 そんな2人のストライカーが、柏の中心に立とうとしている。もちろん2人とも、その自覚はある。

田中も工藤もレイソルも、今季は「大人の階段」を登る!?

 田中が言う。

「今のところ、キタジさんが抜けた後の責任感というか、そういうものは工藤が背負ってくれていますよね。もちろん工藤は、それを背負える器だと思う。だから、オレももっと大人にならなきゃって思います。今はまだアイツに学ぶことのほうが多いので。大人の階段、第一歩ですね。気持ちがプロになってないまま勢いで活躍して、優勝して、それに自分でびっくりしちゃったんです、たぶん。ポテンシャルに自分の器が追いついていなかったし、芯とか、立ち返る場所がなかったから難しかった。ただ、一度でも代表に呼ばれるポテンシャルがあるんだから、頑張れよって話ですよね。大人の階段登んなきゃ(笑)」

 工藤は“らしさ”全開でストイックさを表現する。

「今年に懸ける意気込みは、もちろん違います。今年はすべてにおいてレイソルにとっての勝負の年。Jリーグで優勝したり、天皇杯を制したりとチームはいい流れできているので、あとは僕自身に何ができるか。昨年13得点決めて、今年沈むのか、また上がれるのかというのを試されている年。意気込みは強いですね」

“カラー”は違うが、2人とも数年前より明らかに、その佇まいにプロらしさが漂ってきた。というより、いい具合に肩の力が抜けてきた気がしてならない。田中の言葉を借りれば、極めて健全な切磋琢磨が2人に「大人の階段」を登らせているのだと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
柏レイソル
工藤壮人
増嶋竜也
北嶋秀朗
田中順也

Jリーグの前後の記事

ページトップ