オリンピックへの道BACK NUMBER

持久力、プレスそして「笑顔」。
女子アイスホッケー、躍進の秘訣。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNagayama REIJI

posted2013/04/22 10:31

持久力、プレスそして「笑顔」。女子アイスホッケー、躍進の秘訣。<Number Web> photograph by Nagayama REIJI

ノルウェー・スタバンゲルで行なわれた世界選手権で副将を務めた平野由佳。日本は次回2015年世界選手権で1部に復帰する。

「(緊張はあったが)自分たちのプレーはできました」

 むろん、ただ楽しもうと思って楽しんでプレーできるわけではない。

「毎月顔を合わせていたので、選手間の信用だったり、結束が前回とは違ったと思いますね」(平野)

 今の代表には、大澤、足立、平野ら、前回の苦い思いを味わっている選手も少なくない。その経験を共有する彼女たちは、より若い世代の選手たちにも声をかけ、コミュニケーションを図りながら進んできた。青木亜優子、浮田留衣の高校1年生コンビ(予選当時)も、「緊張はなかったわけではないですが、自分たちのプレーはできました」と口にしたのもその成果だろう。

 結果として、力を出し切るための明るさをチームで身につけたのである。

 そんな今のチームを、大澤はこう語る。

「1試合ごとにチームは自信をつけ、選手全員が同じ方向を向いています」

 ソチでは、格上の強豪国との対戦となる。現在の力を考えれば、勝つのは容易ではない相手ばかりだ。

 それでも可能性を信じて、立ち向かおうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3
大澤ちほ
足立友里恵
カーラ・マクラウド
平野由佳
青木亜優子
浮田留衣
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ