JリーグPRESSBACK NUMBER

五輪で10番を背負った男が変身中!
FC東京をリードする東慶悟の存在感。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2013/03/22 10:31

五輪で10番を背負った男が変身中!FC東京をリードする東慶悟の存在感。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

ロンドン五輪で10番を背負った東が、FC東京で生まれ変わったように攻撃的になり活躍中!

意識するのはFWの渡邉千真との連係プレーからの得点。

「今、意識しているのは、前線で千真さんと残り、ふたりで相手のセンターバックと戦うということです。僕が引いてしまうとボランチに見られて、前がひとりになってしまうんで、そうなると(渡邉)千真さんが孤立してしまう。だから、前のポジションをキープし、千真さんとふたりで動き出す。そういうプレーをされると相手もすごく嫌だと思うんで」

 ふたりのコンビネーションの良さは、セレッソ戦や柏戦からも垣間見ることができた。

 特に柏戦では渡邉が2ゴールを挙げているが、2点目は東がシュートを打てるところを中央にフリーでいた渡邉にパスをして決めたもので、ここでも息の合ったところを見せていた。

「柏戦では、アシスト出来ましたけど、これからコンビネーションの精度が上がっていけば、もっといい形が作れると思うし、点も取れると思います。僕自身もゴールにこだわっていきたい。開幕から3試合、シュートまで行けているし、それはポジティブに考えることができるんですが、決め切れない。柏戦もセレッソ戦も惜しいシュートが何本もあるんですが全部、惜しいで終わっている。今年は、恐い選手になりたいと思っているので、もっとシュートの落ち着きとか精度を高めていって1点でも多く取りたいです」

ペナルティエリアで必ずアシストかゴールを決める“恐い選手”に!

 今季、東がよく口にするのが、「恐い選手」という言葉だ。

 東いわく、その定義は「数多くペナルティエリア内に入って、アシスト、ゴールという結果を出す選手」ということだ。そういう選手にならないといけないと思ったのは、昨年のロンドン五輪の経験が非常に大きかったという。

「国際大会でチームとして守備を頑張ることは重要ですけど、個人として自分のプレーを世界に認めてもらうには、やはり結果を出すしかない。キヨ(清武)君も永井君も結果を出して海外でプレーするようになっていますし、やっぱり攻撃的な選手である以上、結果を残す部分を追求しないといけない。個人としてアシストやゴールを決めるところを伸ばしていかないと次がないと思っています」

 3節で対戦したセレッソ戦では、同期の山口螢がゴールを決め、扇原貴宏も活躍していた。さらに清武弘嗣、酒井宏樹、酒井高徳、大津祐樹、永井謙佑らロンドン五輪をともに戦ったメンバーは、すでに海外に出て活躍している。その状況に東が影響を受けないわけがない。

【次ページ】 「残留争いではなく、優勝争いのために来ました」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
東慶悟
ランコ・ポポビッチ
大宮アルディージャ
渡邉千真

Jリーグの前後のコラム

ページトップ